飛狐外伝 1993年映画版

1993年の香港武侠映画。原作はご存じ金庸の「飛狐外伝」。日本未放映なので中国語字幕で観賞。100分程度の作品なので当然原作の内容を網羅できるわけもなく、かなり手が加えられている。

あらすじ
幼くして両親を亡くした胡斐は、育ての親平阿四と二人旅。道中で悪事を働く鳳天南に出くわし、恩人と平阿四を殺されてしまう。復讐を誓って鳳天南を追いかける胡斐は、天下掌門人大会のため各地を渡り歩く袁紫衣、凄腕の毒遣いである程霊素に出会い…。

物語最大の変更点は、原作の重要人物だった苗人鳳が登場しないこと。それじゃお話が成り立たないじゃん!と思うだろうけど、むしろ彼がいないおかげでストーリーが一本道にまとまっている。あら不思議。敵キャラを鳳天南だけに絞り、そのまま飛胡外伝のダイジェストをやっている感じ。苗人鳳がいないので、胡斐の出自とかはほぼどーでもよくなり、ただのイケメンな青年侠客になってしまった。原作は割と重めな空気だったが、映画はギャグ描写も多く全体的にノリが軽い。

アクションは生身でワイヤー盛り沢山。派手な効果音でドカバキやってくれるのはやっぱり楽しい。舞台が砂漠ばっかりなのは同時期の「双旗鎮刀客」とか「英雄剣」を連想させる。この頃はこういうのが流行ってたのだろうか。
あと、金庸作品なのに濡れ場がある! 张敏の表情がエロい! こういうのいいんでしょうか! 金庸なのに!

以下キャスト

胡斐/黎明
胡家刀法の継承者。でも劇中では殆ど過去について説明なし。主人公なのにほぼ本人のストーリーが無しなのはいいんだろうか。まあいっか。
腕が立ちイケメンで口も達者。やんちゃな表情が可愛らしい。指舐めプレイだけで女の子をイかせてしまうなどテクも一流。…って何なんだこの紹介は。刀客のくせにラストバトルまでまともな刀を持っていなかった。そうそう、ラストバトルといえば頭に仕込んだアレはズルイと思う。主役なのにいいのか。

袁紫衣/張敏
ヒロイン。ストイックな正統派。立ち位置的に彼女が主役な気がする。生まれたばかりの頃に親を惨殺され、凄腕の尼僧に拾われる。既に出家しており、普段は鬘を被っている。普段はしゃんとしてるが、男慣れしてないせいかすぐ堕ちる。女優さんがちゃんと丸刈りにしてるのがスゴイ。演じる張敏は香港武侠の常連さん。凛とした顔立ちが素敵。

程霊素/李嘉欣
恐らく主要キャラで最も原作とかけ離れている人物。見るからに気が強いビジュアル。理不尽で嫉妬深くて口も悪い。ラストが原作通りとはいえ、こんな霊素は見たくなかった…。

鳳天南/徐錦江
原作と異なりラスボス。バカ息子を溺愛している。まがまがしいビジュアルにしぶとい耐久力と、よくあるカンフー映画のステータスをきっちり備える。ラストバトルでは主人公の足元の地盤を持ち上げながら、土の下より姿を現す。それまでずっと地中に待機してたのかな。しんどいねぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする