空の大怪獣ラドン スターの栄光と没落 後編

5、消えたスター ラドンの消息

ゴジラ(1984年度作品)<東宝DVD名作セレクション>/小林桂樹[DVD]【返品種別A】

価格:2,100円
(2019/11/16 22:46時点)
感想(0件)

一九八四年、ゴジラ映画は復活を遂げた。しかし、肝心の新作は往年の観客を呼び戻すだけの人気を得られなかった。本格的なゴジラシリーズの復活には、さらに五年の時が必要であった。さて、その間、ラドン氏はどうしていたのであろうか。

知られざる空白の時について、ラドン氏は重々しく語り始めた。

ラドン氏「阿蘇山の古巣を捨てて、海外に移住していました。アドノア島っていうところなんですけど、自然が多くていい場所です。餌になる魚も沢山いてね。かつての栄光にも諦めがついて、のんびり暮らしていました。もうここで骨を埋めてもいいかなって。でも、島に居着いて十二、三年目くらいですかね、偶然ラジオでゴジラ映画が再び製作されているのを知りました。最初は信じられなかったですよ。でも、何度か聴いたら本当だとわかって。急に、忘れかけていた役者魂が燃え上がるのを感じました。ゴジラさんや、昔の友人たちにも会いたかった。それで、慌てて日本へ戻ったんです」

6、平成の復活 ゴジラVSメカゴジラ

ゴジラVSメカゴジラ<東宝DVD名作セレクション>/高嶋政宏[DVD]【返品種別A】

価格:2,100円
(2019/11/16 22:47時点)
感想(1件)

しかし、ラドン氏が日本へ到着した時、東宝はもうシリーズ最終作(当時の時点で)を制作に入っていた。それが「ゴジラvsメカゴジラ」である。昭和シリーズ最後の敵であったメカゴジラは、平成シリーズの終焉としても相応しい存在だった。ラドン氏は間に合わなかった。過去の知人と連絡を取り合い、自分を売り込んでみたものの、梨の礫であった。だが、奇跡は起きる。

ラドン氏「僕は諦められなくて、毎日スタジオに顔を出し続けました。そしたらある日、ゴジラさんとばったり出会ったんです。最初は驚きましたよ。何せゴジラさん、新シリーズに入って身長が五十メートルも伸びてたんですから(笑)。ゴジラさんは僕を見かけると、昔と変わらず接してくれました。「おう、ラドン。久々じゃねえか。元気だったか?」って。もう本当に嬉しくてね。泣きながら訴えました。「ゴジラさん、俺もう一度怪獣映画に出たいんだ。それで戻ってきたんだよ」。ゴジラさんはすぐに「わかった。上に掛け合ってやる」と承諾してくれました」

東宝側は、最初ラドン氏の参加を渋った。既にストーリーの骨組みも完成していた。新しくキャストを加えるのは、手間も予算もかかる。しかしゴジラ氏が再三説得を繰り返した。「シリーズの最後なんだから、もっと華々しくやろう。昔のスターが出れば客だって喜ぶ」と。結果、ついに出演が認められた。

ラドン氏「これが最後だと思って、全身全霊で打ち込みました。撮影に入ってからは、東宝さんも協力的になってくれましたよ。「ラドン君、光線を吐いてみないかい?」とか「パワーアップしてファイアーラドンになるのはどうだい?」とかね。

ゴジラさんにも色々気を遣って貰いました。メカゴジラとの最後の対決シーン、当初は一度メカにやられたゴジラさんが、ベビーゴジラの叫びで復活するって流れだったんですけど、現場でゴジラさんが提案してくれたんです。「せっかくだからラドンにもう一つ見せ場を作ってくれよ」って。その結果、僕が命を与えてゴジラさんを復活させる場面になりました。いつもゴジラさんは脇役を立ててくれるんです」

ゴジラ対メカゴジラは大ヒット。これが最終作となるはずだったが、その後もシリーズは「vsスペースゴジラ」「vsデストロイア」が制作され、ついに真の完結を迎えた。ラドン氏も堂々の復活を遂げ、平成におけるスター怪獣の仲間入りを果たしたのである。

ラドン氏「vsメカゴジラが終わった後も、ゴジラさんとは仲良くつき合いを続けてました。撮影中によく言ってくれてたんです。「もうすぐ俺のシリーズは終わりだからよ、次はお前の映画を作ろうぜ。上に話しておくから」。最初は僕も本気にしてなかったんですけど、色々話してたらすっかりその気になってね。ゴジラシリーズが完結する頃には、もう企画がかたまっていたほどです」

しかし、ラドンシリーズが制作されなかったことを、我々ファンは知っている。平成ゴジラシリーズの後に続いたのは、かの平成モスラ三部作だ。そこには、いかなる物語があったのか。

7、宿敵の罠 モスラ三部作

モスラ 3部作【Blu-ray】 [ 小林恵 ]

価格:11,279円
(2019/11/16 22:48時点)
感想(0件)

平成ゴジラシリーズが大団円を迎えた後、ゴジラ・ラドンのコンビは、かねてから暖めていた「ラドン三部作」の構想を東宝へ持ち込む。しかし、そこに現れたのが往年のライバル・モスラ氏であった。彼もまた株式会社インファント興行をバックに、自分のシリーズを売り込もうとしていた。両者の争いは激化の一途を辿ったが、やはり東宝看板怪獣を味方にしたラドン氏側が優勢だった。

このままでは勝てないと判断したモスラ氏は、かつて共演したキングギドラ氏を味方に抱き込む。ギドラ氏は金星不動産やキラアク建設、Mハンター商会、Xコンツェルンなど多数のスポンサーを持っており、業界における影響力も非常に大きかったのだ。
ギドラ氏がモスラ側についた理由としては、様々な説が語られている。ラドン氏はこう述べた。

ラドン氏「ギドラは平成シリーズにおける自分の扱いが不満だったんです。モスラは平成でもゴジラさんを倒したし、僕は脇役としておいしいポジションを貰えた。それに比べると、ギドラさんは確かに不遇でした。昭和では怪獣数体がかりでないと倒せない強敵扱いだったのに、vsキングギドラではゴジラさんと一対一、しかも作中で二度も負けてしまうんです。そのうえ、人間の手下でしたからね。

他にも、これは言いがかりみたいなもんですけど、vsシリーズではギドラさんの鳴き声が変更されたんです。撮影現場で「お前の金星語はvsシリーズに似合わない」って言われたらしくて。で、代わりに収録された鳴き声が僕のものだったんですよ」

ギドラ氏をバックに得たことで、形勢は逆転した。こうして平成モスラ三部作が制作される。

ラドン氏「確かに残念ではありましたけど、でも、現場はトラブル続きだったらしいですよ」とラドン氏は内情を語る。「ギドラは当然といえば当然ですが、モスラに見返りを要求しました。第一作「モスラ」では、自分の身内であるデスギドラを敵怪獣として出演させ、撮影所でも散々口を出したんです。ラスト、デスギドラがモスラに倒されたシーンでも、デスギドラは死なない設定だから封印される展開にしろ、でなければスポンサーを降りる、とまで言い張ったらしいです。モスラの奴は渋々、承諾するしかなかった。一作目のヒットで、次の「海底の大決戦」はギドラの介入を許さず制作したんですが、肝心の出来がイマイチでした。

結局、三作目では再び制作費をギドラへ頼ることになったんです。ギドラは、一作目を上回る要求をしましたよ。自分を敵怪獣として出演させ、タイトルにも名前を入れるとね。モスラはかなり嫌がってました。ギドラ氏はサイズが大きいから、通常の怪獣三体分のギャラがかかるんです。それがこの三作目では、現代版のギドラと過去版のギドラで、ニ体も登場してます。おまけに恐竜を滅ぼしただの、恐怖の大魔王だの、タイムスリップ出来るだの、無茶苦茶な設定を盛り込みまくったので、ストーリーにも破綻が生じました。予算不足で、セットも満足にたてられなかったらしいです。映画は何とか完成しましたけど、二人は喧嘩別れしてしまったんです」

この時におけるモスラ・ギドラ両氏の争いが、後々まで影響を及ぼしたことは間違いない。1999年、ゴジラ映画はミレニアムシリーズとして復活する。怪獣スターの一角として、ギドラ氏やモスラ氏も再びシリーズに出演したが、その扱いは過去作と比べ明らかに劣るものであった。

ラドン氏「ゴジラさんが、新作の撮影を終えた時遊びに来てくれて。「おいラドン、今度の俺の映画見に来いよ。お前きっと溜飲が下がるぜ」って。それが「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」でした。僕はギドラやモスラの出る作品なんて興味なかったんですが、実際劇場で見たらゴジラさんの言うとおり、もう小気味よかったですね。モスラはゴジラさんの熱線であっさり炎上するし、ギドラに至っては最初飛ぶことすら出来ないしで…ざまあみろって感じです。恐らく、二人の争いに散々悩まされた東宝の仕返しでしょうね」

8、新たなる栄光

【送料無料】ゴジラ ファイナル ウォーズ<東宝Blu-ray名作セレクション>/松岡昌宏[Blu-ray]【返品種別A】

価格:3,080円
(2019/11/16 22:50時点)
感想(0件)

さて、ミレニアムシリーズ最終作「ゴジラ FINAL WARS」では、ラドン氏にもオファーがかかっていた。

ラドン氏「もう怪獣映画は引退したつもりだったんですが、東宝さんはアンギラスやヘドラとか、懐かしい顔ぶれにも声をかけてまして。僕もみんなに会いたかったので出演しました。記念になると思ってね。かっこいいシーンも用意して貰ったし、満足でしたよ。色んな経験をして、僕も物事を達観できるようにんあったんです。機会があれば、ファンの期待に応える、今後もそういうスタンスでいいかなって」

そんな彼が久々にスクリーンで復活を遂げた。それが最新作「キング オブ モンスターズ」である。しかもそのキャストは、往年の「地球最大の決戦」と同じであった。かつてのライバルと競演することに対し、ラドン氏はどのような思いを抱いたのであろうか。

ラドン氏「もう昔のことは気にしてないですよ。あいつら(モスラとギドラ)も僕と同じように、成功もしたし失敗もした。そういう経験は誰にとってもかけがえのない宝です。一緒にいい映画を作ろう、そういう気持ちだけですね。今あるのは」

成功と挫折を経た結果であろう、ラドン氏の表情は穏やかであった。これからも、彼は怪獣スターとして輝き続けることであろう。ファンは是非、彼の新たなる勇姿を新作で見届けて欲しい。

…ごまスリクソバード? 何のことかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする