神鵰侠侶 1995年ドラマ版

金庸武侠小説「神鵰侠侶」が原作のドラマ。同タイトルは幾度もドラマ化されているが、本作はTVBで1995年に製作されたバージョン。全32話。若かりし頃の古天乐と李若彤が楊過と小龍女をそれぞれ演じており、数ある実写化の中でも名作と名高い。

以下、見ていて気になった点を雑感。
・ストーリーは概ね原作に忠実だが、やや駆け足気味。一部のエピソードは簡素化したり人物を入れ替えてわかりやすくしてある。楊過の十六年の修行部分がまるで描かれていなかったのはちょっと悲しい。一方、第一話を李莫愁関連の話で丸ごと使ってしまうなど、全体のバランスがやや気になる。

・戦闘場面は生身アクションが多く見応えあり。内功系の攻撃を発した際の爆発や煙も、香港らしく大雑把で豪快。ただ、一つ一つの戦闘シーンの尺は割と短め。原作だと濃密に書かれていた戦いも、ドラマではあっさり済まされてしまうことが少なくない。あとはセット撮影が多いのと大陸ほど人数を動員出来ないために、戦争場面のスケールが小さく感じてしまうのは致し方なしか。

・キャストはどれもなかなか。古天乐が今と違って真っ白な肌なのにビックリする。李若彤はあんまり古装向きの顔じゃないな~と思ってたけれど、小龍女の役柄は浮世離れした感じが割とぴったり。李莫愁はエピソードが充実していて、最後の場面もかなり力が入っていたような。郭芙のバカっぷりが演技でも滅茶苦茶わかりやすく表現されていたのには笑った。製作側の郭芙嫌いが伝わってくるほどの出来。そのほか、金輪や一灯、ダルパなど坊主キャラの大半が髪を生やしてるのはちょっと気になった。剃っちゃいなよって思う。

作中のBGMに「ネバーエンディングストーリー」の曲が混じっていたのは凄く気になった。しかもあんまり合ってない。もうちょっと他の選曲は無かったのか。

以下キャスト
古天乐 / 杨过
若い!白い!な古天乐。青年期は垂れ下がった前髪がちょっと邪魔そう。十六年後のビジュアルは最初見た時受け付けなかったけれど、慣れてくるとこれはこれで味があって好き。

李若彤 / 小龙女
古装っぽくない顔立ちがかえって小龍女らしさを感じさせて好き。十六年後の再会シーンはかなり良かった。

白彪 / 郭靖
貫禄のある郭靖。しかし、欧陽峰に三人がかりだったり、クドゥに何手も費やしていたり、中盤の金輪法王らとのバトルでも相手を誰一人倒せず(原作では尹克西を戦闘不能にしている)やられたり、原作にあった強さが再現されていない気がする。

魏秋桦 / 黄蓉
丐幇幇主。普段は冷静な婦人だけれど、昔馴染みに会うと娘時代に戻ったような顔を見せるのが可愛らしい。

傅明宪 / 郭芙
めっちゃバカっぽい。製作側の悪意を感じる(笑)。

李绮红 / 郭襄
終盤のヒロイン。2006年版に比べると、小龍女のお株を奪うほどの存在感は無いと思う。

雪梨 / 李莫愁
小龍女の姉弟子。本作に限らず、割とどのドラマでも出番と扱いに恵まれているキャラではなかろうか。

简佩筠 / 陆无双
序盤のヒロイン。楊過との夫婦漫才もきちんと再現されている。

张可颐 / 程英
楊過ヒロインズの一人。十六年後楊過と同様、仮面のデザインが凄い。滅茶苦茶目立つだろ。

郭德信 / 丘处机
全真教リーダー格。原作ほどの強さが描かれていないのは残念。

朱铁和 / 欧阳锋
四大高手の一人。蝦蟇功の度に口をフーフー広げている。今だとCGでやるんだろうなぁ。

刘丹 / 洪七公
四大高手の一人。ちゃんと出番が余すところなく再現されていて嬉しい。

骆应钧 / 黄药师
四大高手の一人。笛を吹いた時のエフェクトが凄い。

黎汉持 / 一灯大师
四大高手の一人。原作と同じく肝心なところで今一つ役に立たない人。ところで、冒頭で六脈神剣を使う坊さんが出てきたけど、あれは一体何者なんだ…。

黎耀祥 / 周伯通
絶情谷で捕らえられるまでのエピソードが描かれている。そこまで尺をけるようなお話でも無いような気がするけど。

刘家辉 / 金轮法王
まさかの刘家辉が演じている。髭と髪のせいか演員表を見るまで気がつかなかった。金輪のビジュアルが凄い。

江毅 / 柯镇恶
江南七怪の生き残り。かなりの高齢のはずだがドラマではばりばり動きまくりアクションもこなす。

神鵰
楊過の師匠にしてタイトルにもなっている謎生物。制作年代の関係上、人が着ぐるみに入って演じている。ずんぐりむっくりな体躯と、危なっかしいよちよち歩きが見物。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする